目次へ

 

HOMEに戻る

過去帳の整備事業に着手致しております(01/10)

 行慶寺には江戸時代からの「過去帳」が戦災の中も大切にお守りし保存されておりますが、近年傷みも進みまた判読不明の部分も多く見受けられるようになっております。
昨年10月新規事業として、当山の「日にち別」と「各家別」の2種類の過去帳と、檀信徒の各家のご仏壇のお位牌や過去帳との照合に皆さまのご協力を得まして、現過去帳の後世への継承を図っております。
 すべてのお檀家の皆様にご協力頂くことにより完全な整備が実現致します。データーはコンピューターに記録され、月日別と各家別の2種類の台帳に整備されます。完成は本年5月を予定致しております。
 未提出の檀信徒の方は至急ご回答下さいますようお願い申し上げます。