寺宝紹介:行慶寺縁起
御本尊弥陀像
観音・勢至・両脇侍菩薩像
阿弥陀如来立像
十一面観音菩薩立像
慈母観音像
子育ての地蔵さま
江戸時代の墓碑群
手水鉢、亀石、など
旧中原街道供養塔群
 
HOMEに戻る

旧中原街道供養塔群

 戸越銀座通りと中原街道がぶつかるあたりに、中原街道の旧道が分岐しています。この旧中原街道を右に約200メートルほど入ったところに地蔵堂があり、ここはもと成就庵があったなごりの場所といわれています。

 庚申塔三基{寛文六年(1666)、延宝元年(1673)、宝暦四年(1754)造立}、造立年代不明の大きな地蔵菩薩、風化によって銘文不明の供養塔、寛文二年(1662)の石造墓碑、の合計六基が残されており、江戸時代の戸越村の様子をそのまま今に伝えています。
昭和63年に品川区の文化財に指定されています。

旧中原街道供養塔群(2)

旧中原街道供養塔群(2)
品川区指定有形民俗文化財
所在:荏原2-9-18

 

最初に戻る