灌仏会(花まつり)
大施餓鬼会
盂蘭盆会
春と秋の彼岸会
十夜会
成道会(おさとりの日)
涅槃会
 
HOMEに戻る

大施餓鬼会【だいせがきえ】 五月〜九月

お釈迦さまの十大弟子のひとり、阿難(あなん)さまが瞑想中に、口から火をふく餓鬼(がき)があらわれて「おまえは3日後に死んで餓鬼道におちる」と言いました。
阿難さまはあわててお釈迦さまに「どうしたら死なずにすむか」と尋ねると、「無数の餓鬼たちに食べ物を施しなさい」と言われました。そこで、そのとおりにすると餓鬼たちは救われ、その功徳(くどく)で阿難さまご自身も救われて、寿命を長らえることができました。施餓鬼会はこの故事にもとづいて始まったといわれております。

今日では、お盆の頃に行われ、先祖代々の諸霊を供養し、無縁仏や餓鬼に施しをさせていただきます。

次へ