灌仏会(花まつり)
施餓鬼会
盂蘭盆会
春と秋の彼岸会
十夜会
成道会(おさとりの日)
涅槃会
 
HOMEに戻る

春と秋の彼岸会【ひがんえ】

 春分の日と秋分の日の前後三日間、計一週間をいいます。
 この期間、ご先祖様への感謝の心でもって仏事を行いますが、もともと「彼岸」というのは、こちら岸「此岸(しがん)」に対する、あちら岸「彼岸(ひがん)」のことで、「到彼岸(とうひがん)」すなわち、煩悩(ぼんのう)の世界である「此岸」から、悟りの世界である「彼岸」へ渡るという意味を持っています。
 六波羅蜜多(ろくはらみた)─布施(ふせ)・持戒(じかい)・忍辱(にんにく)・精進(しょうじん)・禅定(ぜんじょう)・智慧(ちえ)という六つの正しい行いを実践することで悟りを得、極楽浄土に生まれ変わりましょう、という意味があります。

次へ