灌仏会(花まつり)
大施餓鬼会
盂蘭盆会
春と秋の彼岸会
十夜会
成道会(おさとりの日)
涅槃会
 
HOMEに戻る
十夜会【じゅうやえ】

もともとは旧暦の10月6日から15日まで十日十夜にわたって行われたためにこの名前がつきました。
浄土宗の三大経典の一つ「無量寿経(むりょうじゅきょう)」の中に、「この世において十日間良い行いをすることは、仏の国で千年間良い行いをすることよりも尊い」と説かれているため、その教えに従って始まりました。現在では一日だけのおつとめをすることが多いようです。

阿弥陀さまが私たちを救ってくださることに深く感謝し、極楽浄土に思いをよせてお念仏を称えます。

 

次へ