浄土宗 八幡山成就院行慶寺

御本尊阿弥陀如来像

 阿弥陀如来。木像・坐像・漆地金箔押し。印相は上品下生(じょうぼんげしょう)印で来迎(らいこう)の相を示しています。像底に墨書があり、貞享元年(1684年)に行慶寺の第六世近誉円慶上人の代に安置されたものです。

 像高46センチほどですが、尊容はすばらしく、秀作といえます。本像は品川区の文化財に指定されています。(17号)
 尚、戦災で蓮華座や光背は火中していますので、現在のは戦後の後補です。

PAGETOP
Copyright © 浄土宗 八幡山成就院行慶寺 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.